2つの御影駅

兵庫県神戸市東灘区御影本町には、阪神電気鉄道本線の「御影駅」と阪急電鉄神戸本線の「御影駅」があります。

事実上同じ駅であっても路線によって駅名が違う駅というのは他県に存在するようですが、御影駅の場合は2つの駅が1.2キロメートルほども離れた徒歩20分程度もかかる場所にあるのに同じ駅名です。

御影の山手側は日本有数の高級住宅地として知られていますが、この山手側を走るのが阪急です。

いっぽう、酒造業が盛んで酒造りの街として下町風情のある海側を走るのが阪神です。

並行して複数の路線が走ることになるケースでは、あとから開業することになったほうが駅名に社名を冠したりして区別できるようにするのが一般的なので、阪神より遅れて開通した阪急が駅名を工夫し両駅が誤解されないようにするべきですが、阪神と同名の「御影」と名付けました。

阪急が「御影」と称したのは、両社がライバル関係にあったからといわれています。

1905(明治38)年に阪神本線が大坂の「出入橋」と「神戸雲井通」間の営業を開始し大阪神戸間の乗客をほぼ独占するようになると、負けじと阪急も1920(大正9)年に大阪「十三」と「神戸」に神戸線を開通し、両者は抗争関係にあったそうです。

兵庫県の交通事故に強い弁護士