県名はどのようにして決められたのか

県境は地域的なまとまりや住民感情などを考慮して、旧国の国境をそのまま使い定められることが多かったようです。

しかし、旧国名がそのまま県名となった県は1つもありません。

新たな気持ちで近代国家の建設に取り組みたかった明治政府が、旧国名の使用を意識的に避けたためかもしれません。

県名は県庁が置かれた都市名が基本的に採用されましたが、県庁所在地の所属する郡名を県名としたところもあり、その場合は県庁所在地と県名が一致していません。

いくつかの例外はあり、神奈川県と兵庫県は県名と県庁所在地が一致しませんが、県名は郡名ではなく都市名に由来していて、神奈川県の県庁所在地である横浜市のルーツは神奈川であり、兵庫県の県庁所在地である神戸市のルーツは兵庫で、横浜に神奈川区、神戸に兵庫区があるのはそのためです。

また、例外はありますが県名と異なる県庁所在地のほとんどが旧城下町です。

大きな都市は旧城下町であることが多く、県庁に代用できるような建築物も数多くあったため、旧城下町に県庁を設置すれば新しい建造物にかける投資を抑えることができるので財政の乏しい明治政府にとって好都合で、そのため県庁所在地は旧城下町であったところが多いのです。