警察庁と警視庁の違い

警察庁と警視庁の違いがいまいちわからないという人も多いでしょう。

全国の警察をまとめ、全国的な警察行政をおこなう国家機関が警察庁で、首都東京を管轄する警察機構が警視庁です。

消防庁などと同様に国家機関である警察庁の職員は国家公務員であり、警視庁の職員は道府県におかれている警察本部と同じように地方公務員です。

戦前には内務省が全国の警察を管理していて、警察は国家警察でした。

戦後になって内務省が解体されると、現在の自治体警察の制度ができます。

都道府県知事の下に都道府県公安委員会が置かれていて、その管理のもとに都道府県警察があるというのが現在の警察の体制で、警視庁も東京都公安委員会の管理下にあり、道府県の警察本部と同じです。

警視庁も含めた各都道府県警察の警察官のうち、階級が警視正以上の警察官は地方公務員ではなく国家公務員です。

なお警視庁のトップは警視総監と呼ばれますが、道府県の警察本部のトップは警察本部長と呼ばれています。

全国の警察を管理するのは国家公安委員会で、国会の同意を得て内閣総理大臣が国家公安委員を任命し、委員長の座には国務大臣が当てられます。

国家公安委員会の事務局となっているのが警察庁です。